たんぱく質不足の悪影響、専門家が解説-日本医師会制作「健康ぷらざ」最新号No.580

2024年07月11日18時46分

[公益社団法人日本医師会]




日本医師会は7月11日から、日本医師会公式ホームページに「健康ぷらざ」の最新号『たんぱく質を十分に摂っていますか?』(NO.580)を掲載しています。

健康ぷらざNo.580




今回の「健康ぷらざ」では、
「たんぱく質の摂取量不足した状態が長く続いてしまうと、体にどのような悪影響が出るのか」
「体に必要なたんぱく質の量とはどれくらいなのか」
「たんぱく質を摂る食事で気をつけたいこと」
などについて、中村丁次神奈川県立保健福祉大学名誉学長に分かりやすく解説してもらっています。




たんぱく質摂取の重要性の認識を
ダイエットのためや昨今の物価高騰により、肉や魚の値段が高いからといった理由によって、たんぱく質の摂取を控える人も増えて来ていますが、ぜひ、今回の健康ぷらざにより、たんぱく質摂取の重要性を再認識して頂ければ幸いです。

手足口病を取り上げた健康ぷらざもご活用下さい
「健康ぷらざ」は、日本医師会が国民の皆さんに健康に暮らすヒントをお届けするために、
医療機関の待合室などに掲示してもらうポスターとして、跡見裕杏林大学名誉学長の監修の下に制作しているものです。
日本医師会公式ホームページには、ポスターと同様の内容を掲載しており、その550本を超えるバックナンバーの全てが無料でご覧頂けるようになっています。



現在、流行し、今後、患者数の増加が懸念される「手足口病」につきましてもテーマとして取り上げており、細矢光亮福島県立医科大学小児科教授に症状や感染対策などを分かりやすく解説してもらっています。併せて、ご活用下さい。
手足口病を取り上げた健康ぷらざ

問い合わせ先:日本医師会広報課 ☎03-3946-2121(代)


公益社団法人 日本医師会
日本医師会は、47都道府県医師会の会員をもって組織する学術専門団体です。
「医道の高揚、医学及び医術の発達並びに公衆衛生の向上を図り、社会福祉を増進すること」を目的に、
医師の生涯研修に関する事項、地域医療の推進発展に関する事項、保険医療の充実に関する事項など、
さまざまな活動・提言を行っています。

所在地▷ 東京都文京区本駒込2-28-16
公式ホームページ▷ https://www.med.or.jp
ニュースポータルサイト「日医on-line」▷ https://www.med.or.jp/nichiionline/
YouTube▷ https://www.youtube.com/channel/UCrZ632iTbtYlZ5S2CtGh6rA
LINE公式アカウント▷ https://page.line.me/324vigsd?openQrModal=true

企業プレスリリース詳細へ

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

こんな記事も

PR TIMES

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ