企画・輸入卸売業における持続可能な経営環境の整備を行い、モノ・サービスのサスティナビリティをキーワードに「愉快」を創造する株式会社元林

2024年07月11日20時40分

[Japan noharm Association]

オフィシャルサイトをリニューアルし、サステナビリティページを公開

株式会社元林 (所在地:兵庫県神戸市 代表取締役社長:草野 家継) は、SDGsに取り組む企業を対象としたサステナブル経営支援サービスを提供する一般社団法人 Japan noharm Association(所在地:京都市 代表理事:神田尚子)とメンバーシップを締結し、「環境」「社会」「人材」「事業組織」における社会課題の抽出と重要性評価を行い、サステナブルビジョンとマテリアリティ(重要課題)、目標を選定しました。


公式WEBサイト「サステナビリティ」


【 環境 】 持続可能な「愉快」な商品・サービスの開発提供
重要課題
- 環境負荷の低減
- 包装用リサイクルプラの削減

2026年8月中期目標
- サステナブルな商品開発 環境に配慮された商品構成比10%(1年目:3.5% 2年目:7% 3年目:10%) 1商品当たりの包装用プラスチックの重量 20%削減

【 社会 】 持続可能な社会・環境・人への貢献
重要課題
- 地域コミュニティとの共存

2026年8月中期目標
- 社会課題の解決 在庫商品の地域還元 支援先の拡大と継続

【 人材 】 持続可能な社会・環境・人への貢献
重要課題
- 働きやすい職場環境の構築

2026年8月中期目標
- 多様な人材の活躍 女性管理職比率25% 育休復帰率100%

【 事業組織 】 持続可能な経営基盤の整備
重要課題
- リスクマネジメントの強化

2026年8月中期目標
- リスクマネジメントの強化 BCP策定/社内周知/管理





企業プレスリリース詳細へ

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

こんな記事も

PR TIMES

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ