<助成先公募>第1回「未来の介護基金」募集開始(2023/4/14締切)

[公益財団法人日本フィランソロピック財団]

高齢者が生き生きと暮らすための理想の介護・自立支援を模索し実現する活動を助成

2023年3月1日、公益財団法人日本フィランソロピック財団(所在地:東京都千代田区、代表理事:岸本和久)は、「未来の介護基金」を新設、第1回の助成先募集を開始いたしました。多くの支援団体からのご応募をお待ちしております。



「未来の介護基金」

https://np-foundation.or.jp/list/miraikaigo.html

■基金の目的


日本で介護保険制度が発足してから約20年が経ちました。その間、総人口に占める65歳以上の比率は2000年の17%から、2022年4月には約30%へと上昇、高齢化が進展しました。様々な試行錯誤はありながらも、介護サービス職事業者の多様化、サービス内容の多様化などを通して、業界として発展してきました。その結果、介護保険制度が高齢者の介護を一定水準まで支えているのが現状です。
一方で、高齢人口のさらなる増加に備え、介護サービス従事者の人材や財源の確保に加えて、当事者本人(または家族)の価値観にそった要望への対応、高齢者の方が本当に生き生きとした人生を送るための支援など、現在の介護保険制度の枠組みを超えたサービスを拡大・充実させる余地があります。
本基金は、介護業界で活動する非営利団体や個人が、高齢者にとって理想の介護・自立支援を模索し実現する活動を助成いたします。

■助成対象
既存の介護保険制度の枠組みに捉われることなく、高齢者が生き生きと暮らすための理想の介護・自立支援を模索し実現する活動のうち以下のいずれかを満たすもの
・既存事業・サービスの拡大・改善または効率化
・既存事業の知見を活かした新規事業・サービス
※支援・サービス対象は社会からの支援を必要とする高齢者を想定しておりますが、必ずしも要介護認定を受けている必要はありません。

■助成内容
1団体あたりの助成金額:最大300万円
助成総額:1000万円
採択団体数:3-5団体
助成期間:2023年7月~2024年6月

■募集要項
https://np-foundation.or.jp/information/media/1st_miraikaigo_bosyuyoukou.pdf


スケジュール・応募方法

■スケジュール
公募開始:2023年3月1日(水)
公募締切:2023年4月14日(金)17:00
結果通知:2023年6月中旬(予定)

■応募方法
・各基金の募集要項をよく読み、必要書類をご準備ください。
・書類および団体情報の提出は、助成電子申請システム「Graain」を通じて行っていただきます。
★「Graain」ログイン画面:https://www.service.graain.net/UjBrs/general/login
※郵送やメール添付での書類提出は受付対象外となります。必ず「Graain」からご応募ください。
※「Graain」のアカウント作成方法や操作方法は、日本フィランソロピック財団「【助成先募集】第1回「未来の介護基金」助成先募集開始」ウェブページ(httphtml)に掲載の各マニュアルをご覧ください。


公益財団法人 日本フィランソロピック財団について

公益財団法人 日本フィランソロピック財団は、2020年に設立、社会貢献事業への資金提供を目的として、寄附を募り、それを基金として管理運営し、助成などを行う事業を行っています。寄附者おひとりおひとりの「おもい」を「意義ある寄附」として大きく育み、未来への投資としてより豊かな社会の創造を目指しています。
ホームページ:https://np-foundation.or.jp/


お問い合わせ

応募に関してのお問い合わせは、当財団の代表メールアドレスに事務局宛てにお送りください。
代表メールアドレス:info@np-foundation.or.jp


企業プレスリリース詳細へ (2023/03/06-22:40)

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

こんな記事も

PR TIMES


ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ