ソチ五輪2014

1998年 長野五輪 銅メダリスト

選手名(ふりがな) メダル 競技 種別・種目
原田 雅彦
(はらだ・まさひこ)
スキー・ジャンプ ラージヒル

スキージャンプ個人ラージヒルで銅メダルを獲得、フラワーセレモニーで満面に笑みをたたえる原田雅彦(長野・白馬村)

 よほどうれしかったに違いない。銅が決まると、原田は雪面に描かれた五輪マークの上に寝転んだ。大きな挫折を乗り越えてつかんだメダルには、計り知れぬ価値があった。

 1回目は120メートル、3位と13・6点差。メダルは不可能と思われるほどの差があった。だが2回目で、向かい風にも助けられ136メートルを飛んだ。通常の計測ができず、競技審判が手動で割り出さねばならぬほどの大ジャンプだった。3位の選手を辛くも0・1点逆転した。

スキージャンプ個人ラージヒル。原田雅彦2回目の大ジャンプ(長野・白馬村)

 アルベールビル大会から数えて3度目の五輪。ここまで7試合に出たが、手にしたメダルはリレハンメル大会の銀だけ。それも団体で金を逃す「失敗ジャンプ」だった。初の五輪でいきなり金、銀を取った船木とは対照的だ。「ここまで、異様に長かった」。原田の言葉に実感がこもっていた。

注目のコンテンツ

新着

オリジナル記事

(旬の話題を掘り下げました)
ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ