中国、軍事対話再開に応じず 「首脳会談後も返答なし」―米司令官

配信

米インド太平洋軍のアキリーノ司令官=2022年3月、オーストラリア北部ダーウィン(EPA時事)

 米インド太平洋軍のアキリーノ司令官は18日、米中首脳が11月の会談で両軍間の対話再開で合意したにもかかわらず、いまだ中国軍司令官との対話要請に対する返答がないと明らかにした。東京都内の駐日米大使公邸で一部メディアに語った。

中国軍機、南シナ海上空で危険飛行 米軍機に急接近

 台湾海峡や南シナ海で緊張が高まる中、バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は11月中旬、米カリフォルニア州で会談し、中断していた両軍間対話の実施などで合意した。ただ、アキリーノ氏は「3年近く中国軍の戦区司令官との対話を求めてきた。首脳会談後に改めて対話を呼び掛けたが、大使館を通じて『電話会談を設定するための技術的課題を解決する必要がある』という説明があった以外に返事がない」と述べた。
 南シナ海では引き続き、中国海警局の艦艇がフィリピンの民間船に体当たりしたり、放水銃を使用したりしているとも批判。「言葉ではなく、行動に変化があれば歓迎するが、中国のフィリピンに対する行動に変わりはない」と苦言を呈した。

最終更新:

あなたにオススメ