6万通のメール流出 中国からサイバー攻撃―米国務省

配信

米国務省のマーク(AFP時事)

 【ワシントン時事】米国務省のミラー報道官は28日の記者会見で、同省へのサイバー攻撃で約6万通のメールが不正に流出したと認めた。ただ、いずれも機密扱いのメールではないと強調した。

情報窃取サイバー攻撃、背景に中国と確認 警察庁など

 ミラー氏は、サイバー攻撃の実行者について言及は避けたものの、被害を受けたシステムを運用する米マイクロソフトの説明について「疑う理由はない」と指摘した。同社は中国を拠点とするハッカー集団の仕業だと明らかにしている。

最終更新:

あなたにオススメ