「100%の首脳宣言」 議長国インド、成果に胸張る―G20サミット

配信

 【ニューデリー時事】20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で事務レベルの交渉を取り仕切った議長国インドのシェルパ(首脳個人代表)、アミターブ・カント氏が9日、首脳宣言採択後に記者会見し、「100%の宣言だ」と胸を張った。

宣言採択、インドの成果優先 中ロ抵抗、対立は消えず―G20サミット

 インドが今年主催したこれまでの閣僚会合では、ウクライナ侵攻に関する項目に対し、当事国のロシアなどが反対。全会一致の共同声明を採択できていなかっただけに、サミットでの合意を危ぶむ声も多くあった。
 カント氏は「83ある項目の全てで、全参加国の100%の合意を得られている。一つの脚注も『議長総括』もない。ロシアや中国を含め、途上国や新興国も全て同じ席に着かせた。モディ首相とインドの偉大な力を示すものだ」と自賛した。

最終更新:

あなたにオススメ