お知らせ

税務のプロや実務家に、タイムリーな情報を提供し、
実務性・専門性で高い評価を得ています。

  • 発行/毎週 火・金曜日(祝日を除く)
  • 体裁/B5判 20〜28ページ
  • 購読料金(1部につき)
    月額 5,724円(消費税込み)
  • ※定期購読のご契約期間は1年単位となります。
  • 返品について

税務にかかわる実務担当者に好評の各種連載が続々登場

 市町村にとって喫緊の課題となっている滞納整理に焦点を当てた「初歩から学ぶ—市町村職員のための地方税滞納整理のポイント」をはじめ、「ビギナーのための『会社法の基礎』」「入門講座 実務に役立つ鑑定評価—基礎知識から他分野への応用まで」など、実務担当者に必須の紙上講座を掲載。企業会計を知るには「業種別に見た税と会計」が便利です。

財務省、総務省、自民党などの動向をウオッチ

「解説・特集」

 税制改正について、その胎動から決定までを逐一解説、施行時には実務者向けに特集を組んで手引きにします。専門家による税務や会計実務の解説も掲載します。
「税制・税務の動き」「ニュース詳報」
財務省、総務省など中央省庁や自民党、関係団体の税務・税制に関する動きをタイムリーに報道します。

税務・税制関係の統計・資料類も豊富で充実

「資料」

 主要な税制報告、景気観測、毎月の国税収入実績、大法人の決算状況、都道府県の税収実績など豊富なデータを提供します。

税務担当者の生の声も

「私の苦心」

第一線の税務のプロが課税・徴収の工夫や苦心ぶりなどを具体的に紹介します。同じ苦労を抱える方々に、好評を博しています。

「フォーラム」「直言苦言」

有識者らが思い切った提言、批評を展開します。

●読者の声

税務担当幹部の間で話題になる事も多く、外せない情報源になっている。
グラフや表のレイアウトが見やすくて良いと思う。
「私の苦心」は、現場からの声を聞ける貴重な内容が多く、参考になる。

注目記事あれこれ

●シリーズ

「ビギナーのための『会社法の基礎』」
 2006年5月施行された会社法に基づく新たな株式会社の仕組みを国・自治体の税務担当者向けに解説します。

●入門講座

「実務に役立つ鑑定評価
—基礎知識から他分野への応用まで」
 不動産鑑定評価の基礎だけでなく固定資産評価との結びつきなど他分野とのかかわりを幅広くとらえた解説です。自治体の不動産取引を扱う部門や、固定資産税担当者のほか、不動産鑑定士、税理士など不動産にかかわる専門家の皆様に実践的な内容を提供します。

●市町村アカデミー紙上研修

「地方税法総則─基礎から実務まで」
 自治体税務職員が課税・徴収事務を行う上でよりどころとなる地方税法の第1章「総則」について、多角的に解説します。